日記

筋肉の分解を防ぐサプリ【HMB】とは

HMBは薬局でも良く見られ手に入りやすいサプリです。
トレーニングのサプリとして活用していた時は成長が早いなと感じたサプリです。
今でもトレーニング前やトレーニング中に活用しています。

HMBとは

HMBは必須アミノ酸の一つのロイシンを筋肉や感動で代謝されたものです。
期待される効果は、筋肉の合成を助ける、筋分解を抑制することです。
HMBの正式名は、「β-Hydroxy-β-MethylButyrate(ベータ・ヒドロキシ・ベータ・メチル酪酸)」と言います。日本名で「3-ヒドロキシイソ吉草酸」と呼ばれるます。正式名から頭文字だけをとった名称がHMBです。

アミノ酸とは

タンパク質が分解されると20種類のアミノ酸になります。
アミノ酸は 20種類のうち、11種類は人間の体内で生成することができますが、体内で生成不可能な9種類を必須アミノ酸と呼びます。ロイシンもそのうちのひとつ。HMBはロイシンの体内における代謝産物です。

ロイシンとは

ロイシン自体は、必須アミノ酸であり、分岐鎖アミノ酸BCAAのひとつとして筋肉を作る筋タンパク質です。筋合成を促進させたり、中枢性疲労を軽減させたりといった重要な役割を担っています

体内で合成ができない必須アミノ酸は食事などから摂取するしかありませんが、ロイシンは乳製品、豆類、魚介類などの食べ物によって得ることができます。
こうして体内に摂り入れたロイシンが筋肉や肝臓で代謝され、HMBは作られます。
その割合は5%、20ℊのロイシンから、1gのHMBが作られます。食事から取ろうとなると結構大変です。

HMBの歴史

最近は薬局などで見るようになってきてます。
日本で市販が可能になったのは、2009年。厚生労働省の食薬区分の改正によって、「非医薬」として新規収載されたからです。
それ以前はアメリカのアイオワ州立大学でHMBの臨床実験を行ったのは、1996年のこと。その結果、HMBが筋タンパク質の分解を抑制し、運動による筋肉量の増加を助ける可能性があることが明らかにされた経緯があります。

HMBを摂取することで得られるメリットは(実体験)

日当たり3gのHMBを摂取することによって、筋肉量増加などが期待できます。トレーニング開始時期は特に効果を実感できました。実体験ですが、概ね3ヶ月位は筋肉の付きが早いなと感じます。

また、トレーニング前にプロテインを飲むようにしてますが、飲むタイミングが遅れたときは嘔気が怖いので、そんなときはHMBを飲んでいました。アミノ酸なんで胃にかかる負担も少ないです。

 

HMBのデメリット

あくまで個人的な所感ですが、HMBは味がキツイ。なんとも言えない独特な味ですか。タイヤの匂いに近いかな?パウダーで飲んでたときは舌につかないよう水で流しごんでました。パウダーを飲み切った後はタブレットに切り替えてて続けてます。タブレットならすぐ飲めるので安心です。

 

HMBは沢山飲んだ方がいいのか?

経験上ですが、1日3g以上飲んでもそんな急な成長はなかったです。今では一日で3gに収めてます。3g以上は吸収?は悪いようです。色々研究はされている上での3gなので、HMBの3gは消化吸収にちょうど良い量なんだなと体感してます。

 

おすすめHMBサプリ



HMBプレミアムマッスル
楽天HMB部門1位!HMB含有量 業界最高水準です。
HMBもタブレットで9粒で2510mg、1袋270粒で5460円です。
メイドインジャパンなので品質も問題なしです。
個人的にアルギニンとシトルリンが入っているのでお気に入りです。
アルギニン、シトルリンは血管の拡張作用があるので栄養がいきわたりやすいのです。
また、タウリンやコエンザイムQ10など入っているので良く考えられるサプリです。



価格も日本製なのにかなり安いです。
定期購入が断然お得です。
正直海外製で安いHMBは沢山ありますが、粉で飲みにくい、味もまずかったりで続かないことが多いです。HMBプレミアムマッスル ボディアはタブレットなので非常に飲みやすいので続けやすい。だから楽天HMB部門1位なんでしょうね!

HMBプレミアムマッスル ボディア
ABOUT ME
アバター
シン
SNS総フォロワー1.5万人と月間6万PVのブログでロードバイクに関することを発信しています。SNSでは日頃のトレーニング風景などもアップしているので、チェックしてくださいね。このブログでは主にロードバイクのセール情報をいち早く見つけてお知らせしています。最安値でロードバイク商品を購入したいという方は定期的に見てください(^^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

You cannot copy content of this page