自転車ニュース

キャノンデールからシマノ新型コンポを搭載したハイスペックモデルをラインナップ

 

キャノンデール・ジャパンは、新たに4つのモデルを発表しました~。

これはかっこよすぎですね。

このバイクのメインのコンセプトは、コンポーネントだろう。

2021年にフルモデルチェンジを果たしたシマノのロードバイクコンポーネントである「デュラエース」と「アルテグラ」を装備した4モデルとなる。

大きなモデルとしては、システムシックスとスーパーシックスEVOとなる。

 

そして新型シマノコンポは、12速コンポーネントにより細かいギヤを設定できライドがより快適になりますね。

 

スーパーシックス エボ Hi-MOD ディスク デュラエースDi2

これぞ漆黒のメタルグリーン!
一見ブラックにも見えるが、深い緑色の模様

この上質なグリーンにカラーリングのパーツは不必要。濃いカラーは昼間の存在感が際立つことで、注目を浴びるだろう。

キャノンデールレーシングバイクのフラッグシップモデル。

価格は納得の126万円~

新型にしては控えめな価格だと思います。

 

スーパーシックス エボ Hi-MOD ディスク アルテグラDi2

 

こちらが新型アルテグラ仕様です。このアルテグラはセミワイヤレス方式を採用しています。

レーシングバイクって基本疲れにくい仕様のものが多い。だがこのモデルはバリバリのレーシングバイクでありつつ、高い快適性も確保されているんだって。長距離もそこそこ得意なバイクになる模様。

こちらのカラーはディープティール。深い緑色をしているんだけど、太陽の元で輝き、その存在感が際立つカラーリング。所有欲を刺激する色だね。

価格は88万円!デュラに比べて40万円ほど安い。スペックと価格面からしてコスパは優れているモデルですね。

 

スーパーシックス エボ カーボン ディスク アルテグラDi2

ホワイトベースのシルバー色にレッドが装飾されたモデル。
昔のCAAD10に僕は乗っていましたが、そのバイクの近未来型のように感じる。
知ってましたか?自動車の事故率が少ない色はシルバーなんだって!自転車も事故回避するにはシルバーがいいかもね~

また最大30mmのタイヤも装着できるので、太いタイヤのトレンドに沿った設計になってます。

ちょっと前は23Cから25Cへとトレンド変換したけど、今は28Cへと変貌を遂げつつある。28は付けたことないが、やはり快適性がグッと向上し疲れにくく膝にも優しいかもですね。

価格は73万7000円と安い~!

 

システムシックス Hi-MOD デュラエースDi2

キャノンデールのエアロバイクと言えば、システムシックス!このド迫力なバイクを知っているだろうか。0.1秒でも速くゴールするためのバイク。そのため超エアロ!風の抵抗を極限にまで減らしたバイクですね~。

 

新型デュラエース搭載のエアロバイク「システムシックス」ハイモッド仕様。
エアロパーツKNØTのホイール(64mm)、ハンドル、ステム、シートポスト採用。「誰よりも速く駆け抜けたい」そう願うすべてのライダーに向けたレーシングバイク。

切り替えカラーは最近トレンドですね。自転車の左右で色分けするのではなく、上下で分ける。これって最高にかっこいい~

価格は126万5000円と高額だけど、新型デュラがついてこのお値段なら納得価格。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You cannot copy content of this page